ベッドの様々なタイプについて

ベッドには、様々なタイプのものがあります。まずは、サイズについてです。最近では、背が高い人にも対応したロングサイズのベッドも数多く登場しています。具体的なサイズは、メーカーによって少しずつ違ってきますが、おおよそのサイズを紹介していきます。SS(セミシングル)サイズは、幅が850mm、長さが1950mmです。シングルサイズは、幅が970mm、長さが1950mmです。ワイドシングルサイズは、幅が1100mm、長さが1950mmです。シングルロングサイズは、幅が970mm、長さが2050mmまたは2070mmです。セミダブルサイズは、幅が1220mm、長さが1950mmです。セミダブルロングサイズは、幅が1220mm、長さが2050mmまたは2070mmです。ダブルサイズは、幅が1400mm、長さが1950mmです。

ワイドダブルサイズは、幅が1540mm、長さが1950mmです。ダブルロングサイズは、幅が1400mm、長さが2050mmまたは2070mmです。クイーンサイズは、幅が1700mm、長さが1950mmです。クイーンロングサイズは、幅が1700mm、長さが2050mmまたは2070mmです。キングサイズは、幅が1940mm、長さが1950mmです。ワイドキングサイズは、幅が2200mm、長さが1950mmです。キングロングサイズは、幅が1940mm、長さが2050mmまたは2070mmです。このように、ベッドのサイズには様々な種類が揃っています。ベッドの高さに関しては、マットレスや布団の厚みによって違ってきます。そのベッドを使う人の身体のサイズに合ったものを選ぶことが最も重要です。それに加えて、設置する部屋のサイズ、人の動作空間なども考慮することが大切です。成人男性が歩きやすい横幅は、およそ90cmとされています。そのため可能ならば、横幅が90cm程度の通路を確保しておくと良いです。ベッドは、その部屋の雰囲気を決める大きな家具です。そのため、その部屋にあるインテリアの雰囲気と同調するデザインのものや素材のものを選ぶこともポイントです。

デザインには、直線的なものや、曲線のあるもの、棚が取り付けられたもの、天蓋が取り付けられたもの、あるいはヘッドボードがないシンプルなものまで様々あります。素材には、木、アイアン、ファブリックなどがあります。また、収納機能が付いたものもあり、引き出しタイプや跳ね上げ式タイプがあります。このように、ベッドには様々なタイプのものがあるため、使う人に適したものを選ぶようにします。